【後編】管理人からのメッセージまたはお願い等

前編へ

みなさんからご要望が寄せられるのは、当サイトに「期待」をしているからだろう、と思います。
このサイトが気に入ってくれて、こんな機能があれば、ここを変えてくれれば、といった思いで、要望を寄せてくれているのだろうと。
そのため、寄せてくださった要望には、なるべく応えるようにしています。

ですが残念ながら、その要望全てに応えられるわけではありません。
色々頑張ってみたものの、実現できなかったこともあります。

そして中には「無茶な」要望もあったりします。
もうかなり前のことなのでお話しますが、「登録・ログイン不要で、ガラケーにも対応した無料の画像アップローダーを作って欲しい」と寄せられたときは頭が「???」となりました。
その方からは、その前からいろんな要望が寄せられていました。
その頃の私はとにかく頂いた声には応えなくては、と必死でしたので、色々調べたり何時間も作業を重ね、それらの要望は実現し、今でも稼働しています。
ですが、先の要望を頂いたときに、ふと思いました。
この方は、このサイトを「自分の要望に無料で何でも応えてくれる便利サイト」、くらいにしか思ってないのかもしれない。
そこで始めて私は、貴重な「要望」を無視しました。
その時、はっきりと「できません」と答えればよかったのですが、なんといいますか、ぷつっと切れた感じでそのような余裕がありませんでした。

今では、そこまで無茶な要望は来ませんが、もちろん応えることができない要望もあります。
その場合は「できません」とお答えするか、「頑張ってみますができたらラッキーと思ってください」と返信しています。
私の力量ではお応えできないことも多々ありますので、どうかご容赦ください。

サイトを運営しているんだから、これくらいできて当たり前、こんなサービスがあって当たり前、と思っている方も少なからずおられるようですが、それは「女なんだから料理ができて当たり前」とか言ってしまう人と変わりありません。できないことはできないのです。
ここではっきりと言っておきますが、私はWebサイトの専門家でもありませんし、プログラミングに関する学校に通ったこともありません。
それでも、小説を投稿したい・公開したいという方に少しでも貢献できるよう、いびつながらも独学で対応を続けています。
はっきり言ってここの運営(サーバー代・ドメイン代・電気代諸々)は、毎月の広告収入が20円にも満たないような収入では全く見合いません。
「それならやめればいいのに」という声もあるでしょう。
色んな意味で限界が来たらやめるつもりです。

……さて

それと、これは本当に感謝しかないのですが、いただいた要望へ対応をすると、みなさんお礼を言ってくれるんですよ。99%の方が、対応したことへの返信をくださいます。
「個人対サイト」、ですから、返信などは期待していないのですが、びっくりするくらい皆さん律儀にお礼をくれます。「対応ありがとうございました」と。
これはとてもありがたいことです。対応してよかったと思えます。
(もし今後要望に応えたあと「これはちょっと違うな」、と思ったら、それはちゃんと言ってくださいね。)

そして残り1%の方は、返信なしですが、これはある意味「期待通り」ではあります。
返信がなければ対応に不満だったのか、満足したのか、分かりませんので、その点は残念ですね。
中には、かなり苦労して要望に応えてもなんの反応もなく、そしてしばらくすると、同じ方からまた違う要望が届く。そしてまた頑張って要望に応えて、また無反応、なんてこともあります。
できない、できるかわからない、と答えているのに、同じ要望を寄せてこられることもあります。
こういった事が同じ方から続くと、一応私も人間ですから、ストレスになります。
ここで誤解していただきたくないのですが、同じ方から何度も要望を送られるのがストレスなのではありません。
苦労して要望に応えてもスルーされ、それが重なることがストレスなのです。
なのでまあ…無理はしないでいいですが、何かしら返信をくれると嬉しい、とだけしておきます。

それと完全に蛇足ではありますが、要望に応えて当たり前、利用してやっているんだ、という態度が感じられると、凹みます。
また、何度かやり取りを重ねるうちに「お友だち」感覚になってしまうのか、タメ口になったり、馴れ馴れしい語り口になる方もごくたまにいらっしゃいますが、それもご勘弁ください。

また、お問い合わせをいただいて、こちらから逆に問いかけたときに無視されるのも辛いものがあります。
頂いた内容だけでは判断できないことや、答えてもらわなければ対応のしようがないもの、中には文章の意味さえわからないものもあったりします。
失礼な問い合わせには答えない、とメールフォーム規約に謳っていますが、あまり大きな声では言えませんが、実はそこそこ失礼な問い合わせににも答えています。(相当に失礼な問い合わせには本当に答えていません。)
そして、答えてもそういう方からは何も返信がない、というのがお決まりのパターンです。
これははっきり言ってしまいますが、フリー小説投稿館を利用されている方がほとんどです。
本当に……失礼な問い合わせをされる方が多いです。
何度も「コロナ収束(終息)後もフリー小説投稿館を続けてほしい」と要望が続いていますが、これは現時点では相当厳しいです。
「問い合わせに返信がない」と思われた方には、何か心当たりが無いかもう一度考えてみてほしいものです。

ちなみに当サイトの姿勢は、「来る者は拒まず、去る者は追わず」です。
利用しようと思えば(他人様の迷惑にならない限り)、いつまでも使ってくれれば良いですし、やめようと思えばいつでもやめてください。

さて、書きたいことを書いているうちに長くなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。
当サイトは個人運営のため、サイト運営に関して相談できる相手も、愚痴を言い合える仲間もいませんので、みっともないですがこういう形で吐き出させてもらいました。
おそらく読んでもらいたい方には読んでもらえないでしょうが、可能性は0ではないですから、公開しておきます。

というわけでまとめです。

・規約を読んで、マナーを守って利用してください
マナーについては、人によって許容範囲も違いますので、「このサイトではこのルール(マナー)を守ってね」という意味で利用規約を作っています。「こっちのサイトでは許されたんだからOK」ではない、ということに、利用される皆さんに気づいていただけたら…と願っています。

・要望に応え(答え)られないこともあります

・要望に応え(答え)たあとには、できるだけ反応をください
→対応に不満だったとしても、対応し直しますので。

・質問には答えてください

・要望に何でもホイホイ応える無料の便利サイトではありません

当サイトを利用されている方のほとんどが、マナーを守ってくださっています。
その方々のおかげで、当サイトは続けられます。
ありがとうございます。

カテゴリタグ:管理人ブログ

コメント

  1. ちーたん

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    • 管理者

      ちーたんさん

      これ以上、記事に無関係なコメントを投稿するのはお止めください。

  2. ちーたん

    フリー小説ページにも夢機能追加できませんか?

  3. まにゅまる

    このコメントは管理者だけが見ることができます

    • 管理者

      まにゅまるさん

      メッセージありがとうございます。
      (長い長い愚痴を読んでくださったようで、お目汚し失礼いたしました。)
      当サイトが、あなたにとって少しでもお役に立てた・楽しむことができたのでしたら、それは何よりです。
      また、このようにお礼のメッセージをいただだけるということは、サイト冥利に尽きるというものです。

      サイトを運営していると、やはり色んな方が訪れますし、嬉しい思い・嫌な思いをすることがあります。
      ストレスも溜まりますが、それでも、このように温かいメッセージを頂けますと、もう少し頑張ってみようかなと思えます。
      このような記事にコメントを寄せてくださり、ありがとうございました。

コメントフォーム

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。


※チェックをしても、お名前欄は表示されますので、名前も知られたくない方は"匿名"とし、コメント欄内にお名前を記入してください。

CAPTCHA


TOP