連載小説

SS投稿館

目次 下へ

エピソード09「敵は突如と現れる」

やちよ「実は男女逆転のウワサがあって、それを調べたいの。」

カイリ「どんな内容なんですか?」

ウワサ『アラ、モウ聞いた?誰から聞いた?“男女逆転„のそのウワサ。ハガキに逆の異性なりたいと書いて郵便番号000-0000と記入し黒いポストがある場所に出すと1時間後には逆の異性に!だけどもけれどもゴヨージン!一度変わるともう二度と戻れないって男女の間ではもっぱらのウワサ!』

カイリ「…。」

やちよ「…。」

カイリ「確かに頼めるのは僕じゃないと無理ですね。って魔法少女でも別にいいじゃないですか!!何で僕なんですか?!しかも二度と戻れないって!!」

やちよ「…少し力を試したくって…」

カイリ「え?」

やちよ「あなたが今、どれほどの実力か見せてほしいの。最初会った時よりもパワーアップしてると思うし。でも、危険だし無理にとは言わないわ。どうする?」

カイリ「…ウワサを倒せば性別は戻るんですか?」

やちよ「えぇ、倒してしまえばそのウワサは消えるからね。」

カイリ「分かりました…やります。」

やちよ「そう、ありがとう。」

カイリ「ですが、少し時間を下さい。」

やちよ「?」

カイリ「まだ、特訓したいんです。なるべく早く終わらせます。」

やちよ「ええ。」

カイリ「ありがとうございます!」

僕はやちよさんに一言お礼を言うと環さんに電話をする。

いろは『はい、もしもし?』

カイリ「環さん、僕と勝負してくれませんか?」

カイリ以外全員「!!」

いろは『え、、、っと…』

やちよ「どういうこと?」

カイリ「…多分ですけど…いつかは環さんを倒さないといけない日が来るかもしれない…そう思うんです。だから、今の常態で僕と環さんはどれぐらいの差があるのか気になって…」

いろは『………。』

カイリ「今すぐじゃなくてもいいです。環さん、病み上がりだと思いますし…」

いろは『いいよ、その勝負受けてたつよ。今から、ね。』

カイリ「ありがとうございます。」

ピッ

かえで「倒さないといけない時って…」

ももこ「まさか。」

カイリ「はい、自我を失った環さんは倒す…いや、“殺さないといけない„かもしれません…」

カイリ以外全員「っっ!!」

みたま「それって…」

カイリ「あのまま放置してれば間違いなく全人類が滅びるでしょう…その為にも環さんの実力を試しときたいなって…」

みたま「でも、自我を無くしたいろはちゃんと通常のいろはちゃんは力の実力が全く違うんじゃ…」

カイリ「両方とも同一人物なんです…いつかはその実力が合致してしまうかもしれないですよ…もしくはもっと強力的なものに…」

やちよ「そうね、なら今の実力を知っておくべきかもしれないわ。」

カイリ「はい。」

暫くするとガチャリとドアを開く音が聞こえる。

いろは「お待たせ。」

カイリ「いえ。」

いろは「それじゃあ、始めようか。」

カイリ「はい。」

パァン

僕達は魔法少女、魔法少年の姿となる。

カイリ「いきますっ!」ダッ

いろは「ふっ!」シュッ

カイリ「なっ!!」

交わしきれないっ!!受け身を取るしか!

いろは「当たれ!」

えっ?!

カイリ「まっ!!」

いろは「ストラーダ・フトゥーロ!」

ギュンッ

カイリ「………。」

カイリくんはしりもちをつき、あうあうとしていた。

いろは「ふふっ、本当に当てると思った?」

今の実力じゃ…僕は及ばないか…

カイリ「完敗です…」

かえで「いろはちゃん、凄いね!そんに強いんだ!」

いろは「え?私なんかまだまだだよ…」

ももこ「でも、前はいろはちゃんが自我を失った時は互角だったよな?」

カイリ「はは、あれはたまたまですよ。」

いろは「自我を失う?」

ももこ「い、いやこっちの話!」

カイリ「よし、じゃあ、やちよさん。」

やちよ「ええ。」

カイリ「僕、手伝います!」

??「あー待った待った…」

どこからか声が聞こえた…誰だ?!

??「ウワサを倒す??ダメだよー。そういう事しちゃ。」

やちよ「誰?!」

??「私?うーん…あ!」

いろは「?」

??「代わりに自己紹介してよ♪そこの魔法少女さん。」

女性は不気味な笑みを浮かべると環さんの方に指を向けた。

??「ねぇ、君。」ピッ

いろは「ぐっ!」

カイリ「いろはさんっ!!」

いろは「………何しに来たの?みのりさん。」

みのり「様子見に来ただけ~♪」

いろは「そういうの迷惑だから…」

みのり「冷たいなぁ!」

いろは「……。」

みのり「ありゃ?もう解けるの?速っ!魔力落ちちゃったかなぁ?」

何なんだ!?この人は…いきなりやって来て…環さんを一瞬…自我を無くさせた…

みのり「あー、そこの君。」

カイリ「!!」

みのり「私は君の姉だよ。」
















カイリ「え?」
2020/10/08 16:07更新 / 夏倉 天
«戻る 次へ»

■作者メッセージ

お久しぶりですっ!!今回は話がちょーっとごちゃごちゃしてたと思われます!!今回はカイリくんのお姉さんが出て来ましたね!というか結構前の話で分かってますよね(笑)
そろそろカイリくんの願い事が判明するかも!?です!

では、また次週!!ふんふん♪


目次

いいね!

コメント
通報

SS投稿館