連載小説

SS投稿館

目次 下へ

特別編 「お花見」

季節は春…桜が満開の日…僕は環さんとももこさんとみたまさんで花見に来ていた。

ももこ「いやぁ、メンバーが少ないから
か何だか寂しいがそこは忘れてくれ!」

カイリ「気にしないですよ。」

いろは「1人じゃないだけマシです。」

みたま「いっぱい飲み物あるよお?」

ももこ「よーし!今日は魔女の事は忘れて楽しむぞぉー!」

3人「おーーっ!」

カイリ「…………。」

いろは「カイリくん、どうしたの?」

カイリ「いえ、何も。」

いろは「そっか、今日は一緒に楽しもうね?」

カイリ「はい!」

懐かしいなぁ…家族とも来たことあるなぁ。父さんと母さんと…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

??『ーーカイリ、アクエリ好きでしょ?ーー』

カイリ『うん…………も好きでしょ?』

??『ーーうん、カイリが好きな物、私は全部好きっ!ーー』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの人は誰だろう?

僕の記憶の片隅に残された記憶…でも、ハッキリとは覚えていない…ただ喪失感が半端なく凄い…

カイリ「君は一体…」

みたま「…………。」

カイリ「…………。」

みふゆ「もぉ、カイリくん?女の子に囲まれて花見できてるのよ?そんな浮かない顔しないのぉ!」ガッ

カイリ「え?す、すいません。」

いろは「カイリくん、何飲む?」

ももこ「色々あるぞー!」

カイリ「じゃあ、アクエリで。」

今は考えなくていっか。どうせ友人か何かだろう。

カイリ「僕も皆さんの飲み物注ぎますよ。」

ももこ「お、アタシはミルクティお願いするよ。」

いろは「私はレモンティーで。」

みたま「私はそうねぇ…イチゴミルクにしようかしらぁ?」

わりと環さんって甘党じゃないんだな…どうでもいいか(笑)

いろは「お弁当作って来ました!食べて下さい!」

環さんが作ってくれたお弁当は凄く美味しくてバランスのいい食事だった。
まるで、この弁当は僕の…僕の…ん?

いろは「カイリ…くん?」

ももこ「ど、どした?」

みたま「何かあった?」

カイリ「え?」

僕の目からは涙が零れていた。

カイリ「す、すいません(汗)」グイッ

いろは「何か不味い物でも入ってた?」

カイリ「そ、そうじゃないんですっ!ただ、何故か懐かしい味がして…」

いろは「それって…」

カイリ「すいません!今は楽しみましょう!」

ももこ「お、おう。」

いろは「…………。」

違うでしょ…カイリくん。あなたは何かを思い出しかけた…とても大事な…例えばあなたが何を“願った„のか…。
カイリくん、アナタは私と一緒なんだよ。私はういの病気を治してほしいと願った…アナタも同様に




















誰かを助ける願いなんじゃないかな?

2021/01/28 19:33更新 / 夏倉 天
«戻る 次へ»

■作者メッセージ

最後まで読んでいただきありがとうございます!
期間が空いてしまい申し訳ないです!書かなくてはと思っていたのですが諸事情により書けませんでした(汗)

そして、皆さん!先週のマギレコ最終回観ましたか?!ヤバくないですか?!
あのやちよさんがいろはちゃんのこと「いろは」と名前で呼びましたよ!?
それにさやかちゃんも出てきてマミさんが神々しくなり!そしてマギウスの黒羽ですか?集まってる所に花澤さん演じる「黒江」ですよ!(レナとぶつかってフードが外れて鶴乃が出て来た瞬間驚いたのは内緒)

それでいろはちゃがやちよさんの手をふりほどき口パクだったけど「行って」って言ったのかな?そのシーン観たら何故か悲しくなりました。

そして、マギウスの話に戻るのですがさな、フェリシアいたじゃないですか、あの2人だけ拍手してなかったんですよ。(鶴乃はしてました。)あと、黒江は何か「はっ!」ってなってましたね(笑)

いやぁ、2期楽しみです!!





最後の2期予告でやちよさんが「“環いろは„はもういないアナタが殺したわ」って聞こえた瞬間。え?マ?と思いました。

いや、絶対にいろはちゃんは生きてる!じゃなきゃ、色々ヤバイ!いろはちゃんは生きてないとダメですっ!

長文失礼しました!では、また!


目次

いいね!

コメント
通報

SS投稿館