連載小説

SS投稿館

目次 下へ

エピソード07「かえでとは絶交だからっ!」[中編・続]

いろは「………… っ?」

カイリ「目、覚めましたか?」

いろは「カイリくん…私…」

カイリ「記憶…ないですか?」

いろは「うん…ごめん。」

カイリ「いえ、大丈夫です。」

いろは「……あ。」

カイリ「ん?」

いろは「カイリくんは“ウワサ„って知ってる?」

カイリ「いえ、知りませんけ…っ!?」ジジッ

ーーーーーーーーーーーーーーーー

??『カイリ、魔……少……知ってる?』

カイリ『…………少……?』

??『うん、私ね、その………少……が最強…ううん、この世界を変えるような………サを作ろうと思ってるの。』

カイリ『たとえば?』

??『うーん…カイリが大人になったら教えてあげる。』

カイリ『やくそくだよ!』

??『うん。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

昔の記憶…?まだ、小学生になる前の?

いろは「カイリくん?どうかした?」

カイリ「い、いえ…何もないです。」

僕は環さんに心配されちょっと戸惑う…戸惑っているとももこさんら電話がかかってきた。

カイリ「もしもし?」

ももこ『あ、カイリくん?そっちにレナ行ってないか?』

カイリ「いえ、見てま……」

僕がももこさんと電話していると何故か公園の茂みに水色の髪をした子が見えた。

ももこ『そうか、いないか。』

カイリ「いえ、いました。」

ももこ『よし、そっちに向かう。』

カイリ「了解です。」

ピッ

いろは「ももこさん?」

カイリ「はい、水波さんを探してるようです。」

いろは「そうなんだ。」

カイリ「それで“ウワサ„って?」

いろは「あ、覚えてたんだ。うん、“絶交階段„っていうね。」

カイリ「“絶交階段„?」

いろは「うん、神浜市にある学校の六段目に自分の名前、七段目に絶交したい相手の名前、それを書いてしまうと何があっても謝ってはいけないの… 謝った方が鎖の魔女に捕まって無限に階段掃除をさせられるの。」

カイリ「恐ろしいですね。」

いろは「うん、だからね。もし、それに私が出くわした時カイリくんにも手伝ってほしいの!」グイッ

カイリ「ぼ、僕にっ!?」

うわ、近いよ…あといい匂いがする…いや、そんな事を思ってる場合じゃない…

カイリ「僕、弱いですよ?」

いろは「そんな事ないと思うよ。」

カイリ「そうですか!」

環さんからウワサの話を聞いているとももこさんが到着した。

カイリ「こんにちは。」

ももこ「こんにちは。レナは?」

カイリ「水波さんならそこに…って、いない?!」

いろは「さっきまではいたのに。」

ももこ「逃げたか…」

カイリ「どうしたんですか?」

いろは「まさか…」

ももこ「そう、そのまさかだよ。」

カイリ「どうしたんですか?」

ももこ「あぁ、実は…」

ももこさんの話よると水波さんと秋野さんが口喧嘩をしたみたいだ。それで水波さんが“絶交„って言ったみたいだその後、秋野さんも“絶交„って言ったらしくそれを聞いたももこさんが口出したら水波に暴言を吐いていた逃げられたみたいだ…

カイリ「大変ですね…」

ももこ「本当なぁ~。」

いろは「レナちゃん“絶交階段„に名前書かないといいけどね。」

カイリ「あー、あの人なら書きかねないですね。」

ももこ「“絶交階段„?」

いろは「はい、ももこさんは知りませんか?“絶交階段„のウワサ。」

ももこ「誰から聞いたんだ?」

いろは「え、えっと…やちよさんから…ですけど。」

ももこ「あははははは、間に受けなくていいよ!あの人、ウワサオタクだからさ!」

何?“ウワサオタク„って“アニメオタク„みたい…

ももこ「あの人、ウワサって聞くと何でも信じるからさ。」

いろは「そうなんですか?」

ももこ「うん、だから気にしなくていいよ。」

いろは「そう…ですか…」

ももこ「じゃ、私は帰るよ。レナ探さなきゃいけないし。」

カイリ「はい、分かりました。では。」

僕はももこさんと別れた。

いろは「じゃ、そろそろ私も…」

カイリ「はい、また明日。」

いろは「うん、また明日。」

ももこさんは信じるなって言ってたけど…僕は気になるな…

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
??年前

キュウべぇ『よかったのかい?【麻倉カイリ】に言って。』

??『全てじゃないしいいのよ。まだ小さいし、それに私の願いは』

キュウべぇ『そうだね、君の願いは 彼が中学生になる時“魔法少年にしてほしい„だもんね。』

??『ふふ、そうね。』

キュウべぇ『それで目的物が出来たらどうするんだい?









【麻倉みのり】。』

みのり「ふふっ♪」









2020/10/08 16:47更新 / 夏倉 天
«戻る 次へ»

■作者メッセージ

今回も「マギアレコード・魔法少年カイリ 魔法少女まどか☆マギカ」を読んで頂きありがとうございます!!

絶交階段の回が長くてすみません(汗)飽きて来ますよね。しかもサブタイトルが「かえでとは絶交だからっ!」なのにも関わらず全然かえでちゃん達を出せてなくてすみません(汗)次回からはかえでちゃん達をバンバン出していきます!(絶交階段回は2、3話続くかもしれません。)

長文失礼しました!また、次回会いましょう!ふんふん♪


目次

いいね!

コメント
通報

SS投稿館