連載小説

SS投稿館

目次 下へ

エピソード13「会いたい人に会えるんだって」[前編]

鶴乃「“口寄せ神社„…。」

いろは「知らない…ですよね。」

鶴乃「ううん、知ってるよ。」

いろは「本当ですか?!教えて下さい!」

鶴乃「うん。水名区に伝わる伝説なんだけど…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
むかしむかし、身分違いの恋に落ちた男女がいました。
二人は愛し合いましたが関係が女の家庭に知れ男は殺されてしまいました。
悲しみにくれた女はある日、男の字で書かれた紙を見つけます。
その紙にはある場所が記されていました。
女がその場所を訪れるとなんとそこには死んだはずの男が現れ…………
二人は再会できたのでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー鶴乃「これが水名区に古くから伝わる伝わる伝説だよ。」

カイリ「なんだか、ざっくりしたお話ですね。でも、死んだはずの男と人とどうして再会できたんですか?」

鶴乃「口寄せ神社に行くと“会いたい人に会える„んだってさ!」

いろは「凄い!」

鶴乃「でしょ、でしょ!」

カイリ「水名神社が口寄せ神社ですか?」

鶴乃「うーん、確証はないんだけどね!でも、でも、その二人を辿った道をなぞっていくと凄いパワーを持った縁結びスポットにたどり着くって言われてるんだ!どう?気にならない?」

いろは・カイリ「気になります!」

鶴乃「じゃあ、一緒に調べようよ!私も調べるところだったんだ!」

いろは「ありがとうございます!由比さん。」

鶴乃「鶴乃でいいよ!」

いろは「鶴乃さん!」

鶴乃「“さん„付けはよそうよ!」

いろは「鶴乃ちゃん?」

鶴乃「うんうん!カイリくんも!」

カイリ「え、っと鶴乃ちゃん!」

鶴乃「よろしくね!!カイリくん!えーっと…

いろは「【環いろは】です!」

鶴乃「一緒に口寄せ神社を調べよう!」

鶴乃ちゃんは僕と環さんの肩をガシッと持って元気いっぱいに叫んだ。
さて、会いたい人に会える口寄せ神社…僕なら…あれ?誰もいないや。どうしよう…
2020/09/08 20:00更新 / 夏倉 天
«戻る 次へ»

目次

いいね!

コメント
通報

SS投稿館