連載小説

SS投稿館

目次 下へ

エピソード16「絶対絶命」

ウワサの結界から抜け出せた僕たちはあるものの魔力をキャッチする。

やちよ「来たわね。」

鶴乃「私たちは会いたい人を否定した上に眠りもせずに戻ってきた。」

カイリ「ウワサが無視するわけないです!」

口寄せ神社のウワサ「最愛ノ者トノ再会を求メテ殺メル者ヨ、神ヲ謀ッタソノ罪。万死二値スルデアロウ。」

いろは「謀っただって?そっくりそのままお返しするよ!」

やちよ「ええ、会いたい気持ちを利用するなんて…」

カイリ「万死に値する!」

鶴乃「じゃ、一番槍もーらった!」ダッ

カイリ「じゃ、二番槍!」ダッ

いろは「え?!二人とも?!」

やちよ「続くわよ!」

いろは「はい!!」

私たちはウワサに攻撃するも全て弾かれてしまう。
普通の攻撃じゃ歯が立たないかも……
そこで鶴乃ちゃんがいい提案を出す。

鶴乃「魔力をつないで攻撃してみるのはどうかな?!」

カイリ「魔力をですか?」

鶴乃「うん、パワーを送りあって増幅させるの!」

やちよ「コネクトね……わかったわ、やりましょう。」

一度ウワサから距離を取り僕は魔力を溜める。

カイリ「環さん!」ドシュッ

いろは「鶴乃ちゃん!」シュバッ

鶴乃「あいよ!!とりゃあああ!!」ブワッ

鶴乃「やちよ!!」


やちよ「任せて!はあああああああああっ!」

ドガガガガ

シュウウウ

口寄せ神社のウワサ「………」

いや、めちゃめちゃピンピンしてるじゃん!!

やちよ「いくらなんでも頑丈すぎるでしょ……」

いろは「全然手応えがないよ…魔力を弾くコーティングでもしてるみたい…」

カイリ「コーティングって…まさか。」

やちよ「いえ、ウワサは魔女とは違う……」

鶴乃「あり得る話だね。」

カイリ「もし、そうなら…いったいどうすればいいんですか?」

鶴乃「うーん、何か…何かないかなー」

鶴乃ちゃんは顎に手を置き眉を上げている。

鶴乃「“馬„……“蛙„……“口寄せ„……“神様„…ほっ?」ピンポーン

やちよ「鶴乃?」

鶴乃「神様!」

カイリ「神様?」

鶴乃「あのね、神様って願いを叶えてくれるでしょ?で、魔法少女は願いを叶えて生まれた……どっちも奇跡に関係してるから魔力の質とかが似てるんじゃないかな?!だから、魔法に耐性があるとか!」

カイリ「そんな突拍子もない……どこからそういうの思いつくんですか?」

やちよ「仮にそうだとしてもどうすればいいの?」

鶴乃「物理攻撃とか?」

カイリ「えー、痛そう。」

やちよ「殴るより刺す方が痛いと思うわ。」

いろは「奇跡と反対の力……」

鶴乃「何か思いついた?」

いろは「“呪い„とか“穢れ„の力?」

カイリ「呪い?」

いろは「ありませんよね…そんな力。」

カイリ「もしかして僕たち今……」

鶴乃「たは~……」

やちよ「絶対絶命……かもね。」

口寄せ神社のウワサ「」プクプク

何かシャボン玉が鼻から出てる!カラフル!

やちよ「“呪い„や“穢れ„の力……ね。」

鶴乃「やちよ?どうかした?」

やちよ「いえ、なんでもないわ。とにかく鶴乃の説が正しいかどうかはおいておいて……笑えない状況なのは確かだわ。」

カイリ「まず、死ぬかもしれない戦いに笑って勝負する人がいるんですか?」

やちよ「それもそうね。」

グラッ

ボンボンッ

いろは「わわっ?!」

鶴乃「いろはちゃん?!」

いろは「ちょっと、かすっただけだから…大丈夫!」

やちよ「でも、明らかに動きが鈍いわ。ずいぶん魔力を消耗してる…ごめんなさい。みふゆとの一戦のせいね。」

いろは「そんなやちよさんが謝ることじゃないですよ。」

やちよ「………鶴乃はまだいける?」

鶴乃「今はなんとかね……でも、これ以上時間をかけると魔力が尽きちゃうかも……」

やちよ「麻倉くんは?」

カイリ「僕も鶴乃ちゃんと同じく…」

やちよ「為す術がないわね。」

いろは「やちよさん、悔しいですけど……」

やちよ「ええ……一旦退くわよ!」

カイリ「はい!」

一度退散を決めた僕たちは出口へ向かおうとするけど鶴乃ちゃんが飛び出していった。僕もその後を追った。

やちよ「行くわよ!環さん!」

やちよ「はい!やちよさん!」

あれ??

グラッ

やちよ「環さん?!」

いろは「す、すいません。急に力が抜けて……ふっ………ぅう」

やちよ「!」

その顔……そっか、穢れが……

いろは「っはは、もう少し大丈夫だって思ったんですけど……ういに会えなかったの…ショック……だったのかな?」

やちよ「どうしてその状態で私にグリーフシードを!」

いろは「大丈夫ですよ!動きづらいだけです。」ヨロツ

やちよ「動かないで!私があなたをおぶって行くわ。」

いろは「やちよさん…すみません。」

やちよ「構わないわ。」

口寄せ神社のウワサ「!!!!!!」ダダダダッ

やちよ「くっ、こんな時だからって見逃してはくれないようね…ごめんなさい、環さん。少し乱暴に動くわよ。」

いろは「はい。」

口寄せ神社のウワサ「!!!!!」

やちよ「っ!避けきれない!」

鶴乃「炎扇斬舞!」ゴォツ

やちよ「鶴乃!!」

鶴乃「ごめん!勢い余って先に行っちゃった!」

カイリ「大丈夫ですか?!この隙に逃げちゃいましょう!」

やちよ「ありがとう。でも、鶴乃。あんな大技使って大丈夫なの?」

鶴乃「あー、もう大技は使えないね!」

カイリ「!」

何だ?今のは……今の悲しくなるような気持ちは…

やちよ「全く……明るく言っちゃって。」

いろは「やちよさん……ごめんなさい……迷惑……かけて……ふっ……く……」

やちよ「だいぶ辛そうね……お願い、もう少しだけ耐えて……」

いろは「は………い……」

やちよ「とにかく全力で逃げるわよ!二人とも!」

カイリ・鶴乃「はい!(うん!)」

鶴乃「たぶんあのウワサは神社のものだから敷地外に出れば大丈夫だよ!」

カイリ「そこまで頑張りましょう!環さん!」

いろは「う……ん。」

鶴乃「わたし、急いで出口を探してくる!ほりゃああ!」

カイリ「僕も!」

やちよ「あっ!ちょっと二人とも!……あの子たちもだいぶ消耗してるはずなのに凄いわね。ねぇ、環さん。」

いろは「…………。」

やちよ「環さん?………いけない!!環さん…環さん!!くっ……急がなきゃ!」ダッ

やちよさんの走る息づかいが聞こえてくる……やちよさんの体温が背中から伝わってくる…危険な状況なのになんだかホッとしてる……

だけど胸の奥がどんどん冷たくなってる…凍り付くように少しずつ少しずつ…なんだか意識が吸い込まれていって、胸の奥に落ちて消えてしまいそう…

私がのまれていくと……何かに……

いろは「やちよさん。」

やちよ「!環さん!」

いろは「私、どうなっちゃうの?」

やちよ「…………どうにもならないから大丈夫よ。私が助けるわ。外に出たらみたまの所へ行きましょう。もしかしたらグリーフシードを売ってくれるかも……」

いろは「私……あとでやちよさんと話したいことが……」

やちよ「そう、それなら一層耐えなきゃね。」

いろは「うん……」

口寄せ神社のウワサ「!!!!!」

やちよ「っ!そんな、もう追いついたの!?」

鶴乃「やちよ!出口!こっちこっち!」

やちよ「よくやったわ!」

口寄せ神社のウワサ「!!!!」

やちよ「っ……!どきな……さい!」

ガッ

口寄せ神社のウワサ「!!!!!」

やちよ「しまっ!体勢が……!」ズルッ

体が……冷たい……意識が吸い込まれるように消えていく……深く…深く…暗くて…黒くて…渦々して…鬱々とした…自分の闇の底に……

ドサッ

やちよ「いろは!!」


2020/09/27 16:07更新 / 夏倉 天
«戻る 次へ»

■作者メッセージ

読んで頂きありがとうございます!!今回は2話続けて投稿させて頂きました!しかも長文!!いや~!いろはちゃんはどうなってしまうのか?!カイリが感じたものはなんなのか?!
また、続きも読んで頂けると嬉しいです!またお会いしましょう!ふんふん♪


目次

いいね!

コメント
通報

SS投稿館