連載小説

SS投稿館

目次 下へ

エピソード23「最後の幸運」【前編】

僕らは一度みかづき荘へ戻って作戦を立て直した。あと幸運がいくつ残っているか分からない。だから、早いこと終わらせなければ!

やちよ「【天音月夜】…要注意ね。」

カイリ「はい、あと【黒江】って人にも…」

やちよ「……環さんを連れて行くのは危険な気がする…また、暴走されたら…対処できないわ。」

カイリ「そう、ですね。でも、目が覚めた環さんがなんて言うか…」

環さん、頑固だからなぁ…また変に言うと拗ねるから。

やちよ「ふふ…環さんを説得する方法はあるわ!」キリッ

また、この人はろくでもないことを思い付いたのではないだろうかと僕は思った。

カイリ「はは。」

やちよ「ところで麻倉くん。あなた、毎日のように神浜に通ってるけど大丈夫なの?」

カイリ「僕ですか?」

やちよ「あなたしかいないでしょ。」

カイリ「大丈夫ですよ、僕、引っ越しますし。」

やちよ「そう、どこに?」

カイリ「ここに。」

やちよ「そう。」

いろは「ふぁ~。」

やちよ「ええええええっ?!」

いろは「えっ?!何?!」ビクッ

鶴乃「やちよししょーうるさい。」

やちよ「ここに?!」

カイリ「はい。」

やちよ「どうして教えてくれなかったの?」

カイリ「聞かれなかったので。」ニコッ

やちよ「はぁ…」

いろは「何の話ですか?」

目を覚ました環さんが近寄って来る。

カイリ「引っ越しの話です。」

いろは「あ、私も引っ越しますよ。」

やちよ「あなたも!?」

いろは「はい、お父さんの転勤が決まって。」

やちよ「どこに?」

いろは「ここに。」

やちよ「(デジャブ)」

やちよさんがもう固まちゃった。

やちよ「はぁ、で、作戦なんだけど、か麻倉くんと環さんにはここで待機してもらうわ。」

いろはとカイリ「え?!」

僕も!?

やちよ「二人はフクロウ幸運水を飲んでいるあと、どれぐらい残ってるのか分からないわ。」

なるほど、それなら環さんも納得するよね。

カイリ「わ、分かりました。ですが、危なくなったら駆けつけますよ。」スッ

僕は右手拳を作りやちよさんに差し出す。

やちよ「分かったわ。」コツッ

いろは「気を付けて下さいね。」

やちよ「えぇ。」

僕と環さんはやちよさん達が行くのを見届けた。

カイリ「よし。」グッ

いろは「どこ行くの?」

カイリ「もちろん、やちよさん達ところです。」ニッ

いろは「ええっ?!バレたらヤバいよっ?!」ギョッ

カイリ「大丈夫ですよ…」

いろは「え?」

カイリ「僕の能力知らないですよね?」

いろは「え、まぁ。」

カイリ「僕の能力は人の記憶を消すことなんです。」

いろは「………。」

カイリ「多分、自分が願ったことと関係してる。」

いろは「そうなんだね。」

カイリ「だから、やちよさんは僕に言った事を覚えていない。環さんに言ったことも!」

いろは「それって?」

カイリ「行きますよ!環さん!」

いろは「うん!」

鶴乃ちゃんはやちよさんが言ったこと覚えてるけど大丈夫だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
カイリ『多分ですけどやちよさんは僕らをみかづき荘に待機させます。』

鶴乃『フクロウ幸運水のことがあってだよね?』

カイリ『はい、そこで鶴乃ちゃんにはやちよさんが僕たちに言った事を忘れたフリをしてほしいんです。』

鶴乃『でも、やちよの記憶は?』

カイリ『僕の能力で消すことはできます。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
そういう事だ…よし、やちよさん達の所に行こう!
2020/12/20 12:56更新 / 夏倉 天
«戻る 次へ»

■作者メッセージ

お久しぶりです!今回は前編です!また次週も読んでくれると嬉しいです!ふんふん♪


目次

いいね!

コメント
通報

SS投稿館