連載小説

SS投稿館

目次 下へ

特別編14「ひなまつり」

今日は3月3日、ひなまつり。
なので僕はひなあられを購入してみかづき荘へ向かう。

「買って来ましたー! あれ?」

誰もいない......なんて思ってるとやちよさんの声が聞こえて来た。

「麻倉くん、今皆着替えてるからその辺で待ってて」

「あ、はい!」

僕は椅子に腰をおろしやちよさん達が戻るのを待つ。

ソワソワ

「ま、まだかな?」

僕は部屋のドアをチラチラと見る。

待つこと五分......

「お、お待たせ」モジモジ

おぉ、おぉ! お雛様姿の環さんだぁ! 可愛い!

「た、環さん、凄い似合ってます」テレッ

「う、うん、ありがとう」

「うぉぉぉぉぉっ! 私も見てよ! カイリくんっ!」

「わわっ!? 鶴乃ちゃん!?」

鶴乃ちゃんはおだいりさまだ。

ってことは....環さんとペア? いやいやいやいや!
僕にそういう趣味はない! というかやちよさんやシアちゃんだっているんだ!

「お待たせ」

やちよさんがシアちゃんを連れてやって来た。

「何故、環さん以外おだいりさまなんです?」

「そりゃーいろはが一番お雛様っぽいからだろ?」

「あたりめーだろ? みたいな反応で返すのやめてよ」

「で? どうするの?」

とやちよさんが環さんに問う

「え?」

そういえばやちよさんイベントごとに盛り上がる人だったな。
やちよさんの言葉に続き二人が

「私かやちよかフェリシアか!」

「誰にすんだよっ!」

「誰にって?」

「おだいりさまとお雛様は結ばれる話だろ?」

そんな話をすると三人はつまみ出されました。
2021/03/06 14:52更新 / 夏倉 天
«戻る 次へ»

■作者メッセージ

カイリくんのフェリシアちゃんの呼び方を【シアちゃん】にさせていただきました!


目次

いいね!

コメント
通報

SS投稿館