連載小説

SS投稿館

目次 下へ

特別編18「こどもの日」

今日は5月5日! “こどもの日„だ!
さて、今回の司会は“いつだってイベントトラブルメーカーやちよん„こと【七海やちよ】さんっ!

「かしわもちっ!」

「いきなりなんですか?」キッ

「環さん、そんなに睨まないで、かしわもちあげないわよ?」サッ

「いや、別にいらないですけど……」

「なんでよ!」

「やちよさんが作ったかしわもちなんて何が入ってるか分かったもんじゃないですよ……」ハァ

「確かに……」

「麻倉くんまで……」

「ほんとねぇ」

「みたまだけには言われたくないわ」

まぁ、確かにチーズケーキにケチャツプかけて仕上げに梅干し乗せてたもんね。

「そういえば今日はももこ達は来ていないのね」

「ああ、はい。何か用事があるみたいで」

「そう、残念だわ(´・ω・`)」シュンッ

「あはははは……」

僕が苦笑いしているとやちよさんの背後から小さな(僕より少し大きい)とおおきな影が……

「「もーらいっ!」」シュパッ

「あ!」

「油断したなー! やちよ!」パクッ

「かしわもちはオレたちが貰ったぁぁぁぁっ!!」パクッ

「「かぁらぁぁぁぁぁぁっ!!」」ブェェェェッ

「ふっふっふっ、激辛ソース入りよっ!!」ババンッ

「ほーら」スクッ

環さんが呆れ顔だ……そして立ったってことは……

ガシツ

「あ、環さん。私を連れていかないで」

ガチャッ

「ふっ!」ポイッ

やちよさんは外へ放り投げられました。でも、環さんは優しいのでちゃんと暫くしたら中へ入れてあげて一緒に楽しみました

2021/05/07 16:58更新 / 夏倉 天
«戻る 次へ»

■作者メッセージ

遅れました! すみません!


目次

いいね!

コメント
通報

SS投稿館