読切小説

SS投稿館

下へ

バッドエンドレコード 魔法少年カイリ・マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

「え?」

「あなたがマギウスに入って下さるのなら妹さん探しも捗ると思うのですが?」

「妹....」

私は首を振る。

「もう、見つからないのは仕方がないです」

「いろはさんっ!」

カイリくんが私を呼び止める。

「いろはさんはいもうさんのこと、ういちゃんのことを諦めたりしないはずです!」

「....」

私はまた首を振る。

「それは私じゃないよ」

そう、私は何もかも諦めた。
ただ、願うことは“魔法少女の救済”
その他何もない。

「そう簡単に諦められる人じゃないはずです!あなたは!」

「ういだって、神浜市に来たら魔法少女は救われるって言ってたんだから....」

「いろはさん!」

「みふゆさん行きましょう」

「ええ」
____________
この後、チームは解散。
さなは一番信用出来るいろはさんがいなくなって引き篭もってしまった。

鶴乃ちゃんは明るく振る舞っている。シアちゃんもご飯に手がつかないみたいだ。

やちよさんは精神的にやられてしまった。

僕はというと行くとこもないのでみかづき荘で生活している。

でも、やっぱ、いろはさんがいないという穴は大きい。

そして、僕たちはマギウスに挑みその“命を落とした”
2021/07/18 18:53更新 / 夏倉 天

■作者メッセージ

今回はバッドエンドでした。
もし、いろはがマギウスに入ってしまったらという話でした


いいね!

コメント
通報

SS投稿館

#オリジナル主人公 #オリジナルストーリー #もしもの話 #バッドエンド #オリキャラ